2006年2月アーカイブ

LINUXで動画を見る

LINUXではMP3やDVDが見えないですよね。
これって、マルチメディアの技術が特許で保護されているからなのです。
でも、ソースコードだと問題にならないようなので、ソースを入手してXwindow上で動画再生が出来るようにXineをインストールしてみました。ソースコードなのでコンパイルしなければなりません。
LAME(オープンソースのmp3コーデック)
XviD(MPEG-をベースとする画像コーデック)
Xine(メディアプレーヤーみたいなもの)


動画は、なつさんのハリセンボンがヤドカリを食べるシーン
OSはLINUX Fedora Core 4。

原因がわかるまで結構時間がかかりました。
IPアドレスが違うIPに設定されるのは、DiCEの不調の様です。
自局IPを検出するためのサイトがアクセスできない状態になっていました。
そのため、自動更新がかかると更新前の古いIPアドレスに戻されてしまいます。
サーバーが見えなくなるのはこれが原因の様です。
自動更新をしない様に設定しないといけないですね・・・
↑そんな設定、ありませんでした(笑)

VNC

Windowsからと他のLINUX端末からサーバーの管理が出来るようにVNCSERVERを導入してみました。
セキュリティの問題がありますのでファイヤーウォールで外部から進入出来ない様に設定しています。

fedora-vnc.jpg

今週のお遊びで買った参考書(B5サイズで43mm)

Fedora Core4 Biginner's Bible
著者 大津真・まえだまさひこ・向井領治
発行所 株式会社毎日コミュニケーションズ
定価 3980円+税

ナルニア国物語

| コメント(2)

ナルニア国物語 第一章を観てきました。
これを見て兄弟姉妹が仲良くなるといいよねぇ~(笑)

DSCF0065.JPG

チケットもインターネットで買ってみました。

ピンセット

| コメント(2)

お仕事にかかせないピンセット。
ステンレス製でとても硬いのだけど、洗濯するとこんな姿に・・・

塩ダレ

海水魚を飼った事が無い人にはピンと来ないかも知れませんが、エアーレーション等を行って海水面で気泡が弾けると水槽の縁部分に塩分濃度が上がった水滴が付着し、塩が外に析出してきます。

Fedora JP ProjectオフィシャルサイトからFedoraCore4のISOイメージをダウンロードしてインストールCDを作成します。CDなら4枚。
使い道の無いPC(Pentium4、512MB)に余っているUltraATA60GB HDDを付けて・・・

有頂天ホテル

| コメント(2)

朝から映画を観てきました。
気になる映画はたくさんあるのですが、馬鹿笑いしたい心境なので「有頂天ホテル」を観ました。
新しい映画の上映もあった為か、チケットの購入に15分もっかかりました。

朝飯抜きで映画館へ直行したので。ホットドックなど食べものを大量に買い込んだら4000円!
昼食代より高くない??

席が少し前だったので、首が痛いです・・・
席はやっぱり後ろの中央が良いですね。

鹿のかぶりものとかぬいぐるみ(幸運の?)売っているかもしれないと期待しましたが、何もありませんでした・・・残念・・・・

アクリルはダメ

先日、買って取り付けたアクリルのフタですが、すごく反ります。

仕方が無いので、硝子店に電話をして硝子を水槽のフタのサイズにカットしてもらう事にしました。
2枚で5000円。
高いか安いかは別にして、寸法を間違えていたので入りませんでした・・・
少し水槽の縁がテーパーになっている様です。

CCD

| コメント(2)

CCDって知ってる?
スキャナなんかに使われているんだけど・・・
数日前から、このCCDと格闘!

標準のテンプレート

やっぱり重い小粋空間さんのテンプレート・・・
全てを再構築するとCPUパワーが100%から落ちてこない。
これって再構築に全てのCPUパワーが注ぎ込まれているって事・・・
サーバーの増強も考えてみましたが、暇と金が無いので標準のテンプレートに戻しました。
これだと再構築にかかる時間は1/5くらい。
CPUパワーも75%位しか使わないし、メモリーもそれほど使わない。
小粋空間さんのテンプレートの再構築が重いのは、インデックスページと同じものをアーカイブのエントリーアーカイブ、カテゴリーアーカイブ、日付アーカイブの3つ同時に構築しているからだと思う。
デフォルトテンプレートは、記事のみしか再構築していませんから・・・

限界

| コメント(7)

自分の限界を考えない息子
私に似たのか・・・
朝から調子が悪かったが、小学校最後の試合に参加。
集合は8時、小学4年女子Aチーム、Bチーム、Cチーム、Dチームと試合をこなして行く。
自己タイム毎にチームが分けられ、後ろへ行くほど自己タイムが優秀なチームとなる。
小学4年女子の次は小学女子5年、6年と続き、小学4年男子、小学5年男子、そして小学6年男子の一番最後が息子の出番となる。前回は一位優勝。
しかし、気温が低く風も冷たい中で4時間待たされた為か表情が重い・・・
友達との会話も無い。調子が悪いのか? と思っている間もなくスタートの合図。
アウト側からインへ回り込み先頭集団のトップに躍り出たが、200mを超えた頃から足取りが怪しくなり、抜かれ始めた。400m付近では10位に落ち倒れそうになり、先生に止められリタイア・・・
急いでテントに向かったが、テントの中で倒れていた。
久しぶりに息子を抱き上げたが、身動き一つしない。手も足も力が入らない。目も霞んで見えないらしい。意識ももうろうとして会話にならない。急いで病院へ運んだが身体が軽い痙攣を起こしていた。
病院で体温を測ると35度ない、しばらく毛布に包み、先生から呼吸をゆっくりするように指示を受け少し落ち着いた。今、横で寝ているが38℃。
低体温と過呼吸による手足のしびれと意識障害らしいが、風邪気味なのに出場させた親の責任である。
周囲の期待に応えようと自分の限界を超えてやり遂げようとする息子をみて目頭が熱くなった。


Nikon D50
レンズ: 18-55mm F/3.5-5.6 G
焦点距離: 46mm
デジタルイメージプログラム: オート
測光モード: マルチパターン測光
1/320 秒 - F/9
露出補正: 0 EV
感度: ISO 200

スタート直後の写真。 赤い手袋の男の子の前を遥か遠くを見つめるように走っている・・・ すでに限界を超えていた・・・

月別 アーカイブ