2009年1月アーカイブ

地デジ

パソコンで「地デジ」にトライしてみました。
TVキャプチャボードは アイ・オーデータ製 GV-MVP/HX 昨年の年末に購入したもので8000円くらい。
この時、日本アンテナ製にブースター内蔵 室内UHFアンテナ(地デジ)と一緒に購入。
昨年年末に一度、パソコンで地デジに一度トライしたのですが失敗に終わりました・・・
UHF帯と言うのは指向性が強い上に、電波の強さに高低が影響されるので室内アンテナで見れると言うのは期待しないほうが良いです・・・ ←わかっていて買ってしまう情けない奴です。

このままキャプチャボードをパソコンの肥やしにしておくのも馬鹿馬鹿しいので、一大決心して屋根裏へ(もともとUHF帯でしか受信できない田舎なのでブースターが必要です。 アンテナにも取り付けられていますが、屋根裏に室内分岐用ブースターが取り付けています)。

屋根裏のブースターをリビングに設置してリビングのTVとPC用に分岐、リビングからPCを置いている部屋まで配線工事。5時間くらいかかりました。
配線カバーを加工するのに結構時間がかかりました。

20090124-01.jpg

映った。 ほっ

買い物袋

家内が先週よりインフルエンザでダウンしていました。
その間はジョギングを止めて主夫をしていたのですが、昨日より買い物袋(ナイロン)が有料になったみたいで、レジで1枚5円と言われました。
無料だったものがいきなり5円と言われてもピンときません。
でも、2枚で10円だと気分的に嫌です。
仕方が無いので、ダンボールを組み立ててそこに買ったものを詰めて帰りました。
ダンボールは無料なんです・・・ 小さなナイロン袋も無料で、どうして買い物袋だけが5円なんだろう・・・

Windows7 β

Windows7のβ評価が開始されました。
Microsoftからお知らせが来たので早速インストールしました。
一見、VISTA。 起動が早いとの事ですが、最近のVISTAの起動が妙に遅い感じがしている今日この頃でWindows7がスッゲェ早いという感じはしません。Vistaリリース後のアップデートが多くてパッチだらけ?

マルチブート画面から起動をかけてデスクトップの砂時計が消えるまで28秒25(32bit版)。
Vista Sp1でOS起動からディスクトップの砂時計が消えるまで31秒00(32bit版)
この約3秒の時間差が早いと言うのかな?

評価に使用しているハードは最新のものでは無いけど遅くて使えないものではありません。
一応サクサク動くと言う感じです。

【ハードウェア環境】
メモリ 4GB 800MHz
CPU Intel Core2 Quad Q6600 2.4GHz
MB Gigabyte X38-DQ6 BIOS Version F8
VGA nvidia GeForce8800GT Resolition 1920×1200 32bit 59Hz

【OS】
Vista Ultimate SP1 32bit
Windows7 32bit β7000
Windows7 64bit β7000


Windows7で、私のPCの性能を評価してみました。

windows7-32.png
これは32bit版 Windows7

windows7-64.png
こちらは64bit版 Windows7
評価が2って・・・・

ドライバーのアップデート情報があったので更新しました↓
windows7-64-1.png

20090116-01volume.jpg
Volumeの表示がおかしかったり・・・

Windows7期待していたんだけど、どうなんだろう? 大金払って買う気にならないなぁ(笑)

252生存者あり

| コメント(2)

なかなか良かったです。
館内ですすり泣く人も多かったです。

VAIOノートでUBUNTUに挑戦。
VAIOは10年程前のPCG-Z505 PentiumIIIマシンです。
メモリーは標準で128MBしか実装されておらず、後に128MBの拡張を行っているので256MB。
でも、グラフィックメモリがメインメモリ共有なので実際は240MB程度しかありません。
これにUbuntuをインストールするのですが、Z505にはCDROMが実装されていない上に、USBブートと言う概念そのものがありません。HDDは標準からIBM製40GBに変更しています。
まず、GRUBでCDROMからブートする様にWindows2000からCDROMブートをインストールしました。一応、Winsows2000とubuntu8.04のDualブートとします。
普通にインストールするとインストール途中でエラーとなります。どうも、最低256MB程度のメモリーが必要な要です。
CDROMからブートしたら、LiveCDでHDDのパーティションのサイズ変更等のインストールエリアの確保をしておく必要がある様です。
次に、ノートPCでリチューム電池も新品ですから無線LANでインターネットに接続します。
割とスムーズに無線LANが利用できる様です。何よりWindows2000のドライバーで接続できるアプリがあるのでドライバーで悩む事もありません。
この投稿もVAIO+ubuntu+無線LANにて行っています。
20080111-01.gifのサムネール画像

息子がお年玉でiPod nanoを購入しました。
でも、息子の使用しているパソコンはWindows2000です。
パソコンのnanoを接続すると、バージョン8をダウンロードする様に催促され最新のバージョンをダウンロードしてインストールを開始すると、XP以上のOSでなければサポートされていない(インストールすらできません)そうです。
Appleのサイトを色々調べましたがAppleはWindows2000以前のOSに対しての対応は止めたそうな・・・ Appleってそんな会社ですけど(笑)
さて、解決方法として「WindowsXPにバージョンアップしなさい」という事。
おいおい、WindowsXPやVISTAは、nanoより高いぞ!
もう、iTunesに頼る訳にはいかないようです。
色々、調べてみると結構色々なソフトが出ていますネ
とりあえず、iPodnanoに転送できるソフトをインストールしてあげてめでたしメデタシと言う事で・・・
終わりたかったのですが、アートワークを表示したいとか。
アートワークって、アルバムのジャケットですよね。
これがまた難しい。
Ubuntu(Linux)用のフリーソフトを試してみたりしましたが、nanoをHDDとしてしか認識しなかったり、Windows版のものではnanoのファイル構造を壊して入れた筈のMUSICが表示されなくなったり(これは、iTunesの復元を使用すれば購入した状態と同じ状態に戻せます)、悲惨でした。
結論として、winamp5541_full_emusic-7plus_all.exeとiPod_Support_v3_07.exeを使えばアートワークもiPODに転送が可能です。両ソフトは標準で日本語対応なので怪しい日本語対応パッチはあてない様に・・・
上記、公式サイトはご自分で探しましょう。すぐ見つかると思います。

PCG-Z505GR/K用バッテリー

SONY VAIO PCG-Z505GR/Kの標準では14.8V/1400mAhのリチュームイオン二次電池が搭載されています。でも、3年位で電池の機能がなくなったのでほとんどAC電源で使用していました。
何年か前には、安全の為にリチューム電池を取り外しAC電源でしか動かない超遅いWindows2000パソコンに・・・ 当時はノート最速のPentiumIIIだったのに(笑)
このVAIOかなり古い(VAIOブームの頃のもの)ので、メーカーでも部品の入手は不可能になっています。 諦めていたのですが、何気にバッテリーの型番PCGA-BPZ51で検索すると純正品では無いが販売している事が判明。取り扱いメーカーはNotepartsで、SONY VAIO Z505 Li-ion PCGA-BP2R Purple。 色も形も微妙に違います(笑)。
ただ、容量は3200mAhですから2.2倍の容量があります。価格も9000円台と純正品と比較すると超特価価格です。
20080108.JPG
手前キーボードの上に置いているのが標準品。装着しているのがパッチ品。色が妙に青い。

VISTAライセンス認証

私のPCのOSはVISTA。
でも、Linux等の動作確認の為にHDDを違う新しいものに交換して確認する事がある。
俗に言うデュアルブートでは無く、BIOSでブートするHDDを切り替えます。
で、VISTAがインストールされたHDDには決してLINUXは入れません。
たまにミスしてMBR(マスターブートレコード)を壊してしまったりする事もありますが・・・
で、別にライセンス違反している訳では無いのです。
そもそも、HDDは6台接続可能なMBですし、メモリーもバージョンアップする事もあります(高速大容量化)。
で、困るのがVISTAでHDDフォーマットやパーティションを触る為に起動してしまうと、何だかハードウェア構成が変えられたと誤認識する様で・・・
昨日も、VISTA使用中に認証が必要と催促されました。
悲惨なのは、HDDのポートを変えただけでハードウェア構成の変更で再認証が必要になると言うこと。それも、作業しているのは真夜中が多く、夜中にMicrosoftに電話してる自分が情け無く、Microsoftに対して腹がたつ。
何万円もする正規OSを買ったのにこれってどうよ?
24時間体制でサポートする金があるのだったらもっと安くOSを提供すれば?
1万以下だったら不正コピーする人も少なくなるのでは? コピーした奴らにはさせてやれば?
LINUXの様にGPLでソフトを使用するのは無料。サービスやサポートでお金を儲けなさいな。昔、一太郎と言うワードプロセッサ用ソフトがあってワードを抜く勢いだったのに、一太郎にコピーガードをかけ出してから人気は一気に落ちた記憶があります。
どんどん大きく、重く、不安定なOSを大金出して買う時代は、そろそろ終わらせないと。

初詣

1日、2日は混んでいると思って3日の今日初詣に行きました。
やっぱり混んでました(笑)

20090103-01.jpg

20090103-02.jpg

20090103-03.jpg

今年は息子の高校受験と言う事で合格祈願してきました。

今年もよろしくお願い致します。 

月別 アーカイブ