2016年5月アーカイブ

壁紙張りにトライ

玄関部分をを試しに張ってみる。
DSC_1365.JPG
割と簡単。重要なのは下地処理をしっかりすること
DSC_1367.JPG
良い感じ。
家らしくなって来た。

DSC_1368.JPG

二階もフロアマットを張ります。
複雑な形状をしていないのでそれほど難しくはないけど。柄合わせが楽なものを選びました。
DSC_1320.JPG
コンパネと変わらない様な気が・・・
でも冷たくないのが良い。

DSC_1322.JPG
このベッドを運ぶのが大変でした。階段の高さが低くて入らない。ベッドのフレームは鉄製で分解できない。無印良品製。
DSC_1334.JPG
後は壁紙を貼れば部屋らしくなる。


面倒な箇所と言えば階段。
古くてボロボロ。
一階に張ったものと同じのを階段に。
DSC_1312.JPG
普通にコンパネや石膏ボード張っているけど、非常に作業しづらく危険な箇所。最終的には階段のエッジには滑り止めを付ける予定。

床も完了

床はフローリングにしようと計画していたが、足が冷たいのは嫌なのでフロアマットを敷く事にした。
DSC_1306.JPG

石膏ボードも張り終えたので部屋らしくなってきた。
DSC_1308.JPG
張る事より一番の手間が荷物を退避させ復元させる作業。作業毎に引っ越しをやってる感じで非常に効率が悪い。何も荷物(家具)が無ければおそらく3時間程度の作業だと思うが1日かかった。

天井を張った

事務所等でよく使われるジプトーンを張った。
この美しいライン!(笑)
天井張りが一番つらい。
首が、腕が・・・ つる。

DSC_1281.JPG

12月20日に引っ越し

ブログ投稿日時と実際の作業を行っている日時が合っていません。
って、写真を撮る暇もないくらいです。
年内完成を目指していましたが、年内引っ越しに目標を下げました。
住み始める条件としては、「全ての壁にコンパネを張ったら引っ越し」 この条件を達成して引っ越しが出来たのは昨年の12月20日。前日にエアコンの工事とインターネット回線の工事って状況です。
水、電気、排水、エアコンがあれば全然大丈夫。
DSC_1277.JPG
引っ越しが完了した所。
勿論、引っ越しは4tのパワーゲート付きのトラックを借りて自分で。2万ちょいで済んだ。
天井はない。壁も石膏ボードが最低限必要な箇所のみでコンパネの木目。床も同じで何もない。一応断熱材が入っているので何とか年を越せそう。
天井は張っていないが張るだけの状態で床並みの強度がある。洗濯物はそこに引っ掛けて部屋干し。エアコンがあるので外より良く乾く。

インターネットは必須

入居前に必ず必要な工事としてインターネットの回線工事。
外から光ファイバーが引き込めるように準備しておき、配線工事を行ってもらいます。
今までは、NTTを利用していましたが今回はeo光を利用します。
理由は、移転工事費が有料なため。私なら利用実績があるのだから新規同様引っ越し移転の工事は無料にしてお客様を離さない様にしますが、商売が下手ですね。

DSC_1258.JPG

石膏ボードは後張りが大変なので、エアコンや分電盤、ここはあらかじめ張っておきます。
最終的にはIKEAの壁に直接取り付けるタイプの棚を設置し、そこに置く事になります。
この棚は、靴置きかな?

流し台を購入。とりあえず床を張った所に避難。

DSC_0457(1).JPG
手前右側が本来の流し台のスペース。
24㎜のコンパネを張って行きます。

DSC_0461.JPG
流し台を設置場所に据えたところ。台所の壁はまだ張っていません。台所はコンパネの上に石膏ボードを張らずにキッチンボードを張ります。また、水詮への配管と排水配管も済ませなければなりません。まだ床は固定していないので床下へのアクセスは可能です。天井も剥がしていて何もない状態です。

DSC_1108.JPG
排水と給水、給湯配管を終えたところ。水詮は流し台に付ける事が出来ないので、板を壁に取り付けそこに固定しています。丁度、小物置き場が出来ました(ペットボトルを置いてる箇所)。


DSC_1117.JPG
給排水の配管はこんな感じ。排水管はキャップをしています。給湯管は左側で給水管は右側。給湯管は80℃以上の温度に耐える特殊な配管です。

DSC_0467.JPG

月別 アーカイブ