久しぶりのパソコンネタ

Windows10への無償アップグレードも今週末までとなりました。
無償はいいのだけど、32bitで使っていた人は悩ましい所。
32bitから64bitへのアップグレードは出来ない。
そう、クリーンインストールのみ可能。
Windows7等でハードウェアスペックが高いのに32bitを使っている人って
やはり、ドライバーやアプリ(ソフト)が絡んでいて仕方なく32bitを使ってる。
私もその一人。と、言っても早くにWindows7からWindows10にアップグレードして
いて、ビデオドライバに泣かされた。逆に、Windows10だとデフォルトが64bitと考えた
方が正解なのかも知れない。
今回のアップグレードは、マイクロソフトのビジネスモデルが激変したWindows10の
64bitに対応しておきつつ、過去の資産であるアップグレードモデルの32bitの共存。
つまり、1つのPCに32bitと64bitを共存させつつ、空いた時間で64bitへの完全移行
を目指す。
0. 最悪の場合を想定して、システムのバックアップを取る。システムドライブのイメージを
  バックアップを選んで実行すれば数時間後には終了して、修復ディスクを作成するか
  聴いてくるので、作成しておく。USBメモリかDVD/CDに書き込んでおく。
  立ち上がらなくなった場合、修復ディスクで立ち上げて元に戻す事が出来る。


1. 今時のSSDを調達する。当面は大容量は不要。現行の32bit上のシステムの
   データを除く容量の倍くらいあれば良い。 私の場合、外部HDDが1TB×2
   なので、現在のCドライブ500GBをそのままに250GBのSSDを準備した。

2. 旧環境で、Windows10のインストールディスク(USB)を作成する。16GBあれば32と64両方
  バージョンが入る。

3. SSDをPCにインストールしておく
4. 作成したインストール用USBから起動をかけて、追加したSSDをインストールドライブに選んで
  インストールする。

5. ここまでは簡単で数時間で終わる。インストールが終わると自動で再起動するが、自動再起動
  させると、もともとのCドライブ(32bit)が入っているHDDから起動して、何も無かった様に32bit
  が起動して・・・ ?? となる。 つまり、Cドライブから起動させてはならない。って、OSをイ
  ンストールしたドライブがCなんだけど、自動起動させない。

6. BIOSの設定で起動ドライブをSSDに設定して起動すると、ブートパーティションのメニューが
  出てくる。64bit版をインストールしたパーティションを選んでのインストールを完了させる。

7. 途中でプロダクトキーの催促があるが、Windows7のプロダクトキーを入れてもエラーになる。
  おそらく既に32bit版で使用しているためかも知れない。 入れないで次に進む。
8. 私の場合、パーティション0が64bit、パーティション1が32bitとなっている。
9. まず、64bit版を立ち上げて、ログインして64it版になっているか確認する。メモリを4GB入れて
  いたが32bitでは3.5GBしか使えないが、64bit版ではフルに認識している(メモリの増設が
  可能)。
10.再起動をかけて、32bit版で起動し、以前の状態で起動するか確認する。私の場合、32bit版を
  選ぶと一度コールドスタート(メモリーチェックが発生しない再起動)がかかってから32bit版が
  立ち上がった。特に問題無く32BIT版が立ち上がった。

11.さて、起動の早さや処理の速さはSSDの方が断然早い。瞬間に立ち上がる。HDDは数分かか
  る・・・

12.64bitではなく、32bitでSSDにしたいだけ(早くなればOK)なら、HDDをSSDにkピーするツール
  が売られているのでそれを使用すれば良いかと思う。 我々一般人からすると64bit対応には
  失うものが結構多い。だからアップグレードするのだが、そうすると32bit版から一生抜け出れ
  ない。64bitでも32Bit版を動かす事が出来るのだから、メールやブラウザの設定情報だけでも
  自動引き継ぎして欲しいものだ。

まず、嫌いなエッジからクロームの64bit版に変更。メールはLiveメール2012をインストール。
データー以降はWindows10 32bit版から順次エクスポートして持って来る手法。
私の場合、メール移行だけで1時間かかった。
ぼちぼち移行して行きます。





最近のブログ記事

冷蔵庫の向きを90度回転させました
狭い家なので、キッチンとリビングで10…
2Fの部屋の間仕切りをアコーディオンカーテンにしました
2Fは通しで改装しましたが、省エネの為…
マイナンバーカードの誤解
マイナンバー って昨年送られてきた「マイ…