マイナンバーカードは作るほうが良い

マイナンバーは日本に住むすべての人に採番され通知されました。
これを通知カードと言う名前で昨年末から郵送されているはずです。
この通知カードには、マイナンバーカード申請用紙が付いています。
申請用紙には、申請IDと言うのが書かれていて、このIDと写真とをセットでマイナンバーカードが発行される様になっています。
ここで大切な事があります。
マイナンバーカードの申請は申請用ID+顔写真です。
つまり、申請用IDと顔写真があれば申請出来てしまうと言うもの。
で、受け取り時に「免許証」や保険証+住所を証明する郵便物でマイナンバーカードを受け取ることができてしまう。免許証には顔写真があるのでなりすましはできませんが、保険証+住所を証明するものがあれば、本人でなくても受け取りができます。そう、事前になりすます人の写真でマイナンバーカードを申請しておけば、顔認証だってパスするという情けない状態です。

いやいや、申請住所に郵便物が来るでしょ・・・

なんて甘い考えの人、住所変更して、新しい住所で再度申請用IDを発行してもらえば問題ありません。
まあ、パスポートだって同じですね。
マイナンバーカードをしっかり発行しておけばこの問題は起きません。
自分の顔写真が、しっかりカード表面に印刷されていて、チップの中にも書き込まれているので盗んで使用するとばれますね。
発行された番号の持ち主は自分であることを正しく届ける事がマイナンバー制度では重要になります。
免許証があるから大丈夫って、免許証で確定申告やコンビニで住民票や印鑑証明、戸籍抄本はとれません。
マイナンバーなんて無視って通知カードを無くした人、大丈夫ですか?
顔写真付きであなたがあなたであることを国が証明する機能が搭載されたマイナンバーカード。
通知カードを無くす前に申請しておいた方が良いと思いますよ。

最近のブログ記事

マイナポータル
来年(2017年)7月から、マイナンバー…
マイナンバーカードは作るほうが良い
マイナンバーは日本に住むすべての人に採番…
配偶者控除見直し
配偶者控除が見直される。「見直す」と言う…