2016年11月アーカイブ

引っ越した場合、
マイナンバー通知カードを持っている人は、役所へ行って通知カード記載の住所を変更してもらわなければなりません。もう一つ、重要なのがマイナンバーカード(顔写真入りプラスチックカード)の交付を受けていない人は、マイナンバーカード申請IDの交付を受けなければなりません。マインバーカードを生涯申請しない人にはあまり関係ありませんが、スマホ等で簡単に申請できなくなります(マイナンバーはマイナンバーカードの申請にお使用できないのでややこしいのです)。
また、マイナンバーカードを交付してもらい、電子証明機能を付加した人は、電子証明書が失効します。
当然ですね、電子証明書は基本4情報に紐づいているので、住んでいない住所のあなたを国は証明してくれません。
この電子証明の部分って色々使えます。それが図書館で利用するカードであったりする訳で、基本4情報が紐づいているのでカードの持ち主に本を借りる権利を与えるのです。
普通だったら、基本4情報+電話番号まで書かされますよね。書いた紙はどこで、どう管理されているのか知りませんが・・・
良くネットで、マインバーカードが図書館利用カードに使えるって聞くと個人情報が云々や、セキュリティが云々と騒ぐ人が居る様ですが、紙だと第三者が簡単にCOPY出来てしまう事を考えると紙の方がセキュリティが甘いと言えるのですが・・・

iPhone7のカメラ不調

XperiaZ3のAndroid端末からAppleのiPhoneに替えました。防水とお財布機能が付けば買い替えると決めていたのでiPhone7にしました。
来年は有機EL搭載のiPhone8が発売される様ですが・・・
所で、今回は7より7Plusの人気が高い様です。
Plusは標準と望遠カメラの2つ搭載。しかし、大きいすぎるのです。Z3も大きいので結構不便だったのですが7Plusはそれ以上。重量も重い。カメラ、内部RAM3G、電池容量、画素数を考えると7Plusの方が良いのですが、あえて7にしました。携帯のしやすさですね。
電池容量はZ3と比べると少ないですが、AndroidはLinuxカーネルの上にAndroidが居るのでどうしても重くなる。少し使っただけでもCPU周辺にかなりの熱を持つ。
その点、iPhone7は優秀です。
しかし、使いにくい。Wi-Fiの細かな設定が出来なかったり、メールのポート指定も項目が見当たらない。誰でも使えるスマホと言う面では良いかも知れないが、不具合が起きると初期化の道しか残されていない。良くキャリアのサポートセンターに言われる「初期化して下さい」です。
Androidだと少し知識があると自分で原因を掴んで対策が出来るのだけど・・・
で、最近カメラを起動すると真っ暗になる事がある事に気が付いて、アプリの再起動などやってみるもののなおらない。起動時は写真モードなのだが、それだと真っ暗(薄く映ってはいる様)な状態。暗すぎてフォーカスも合わないって感じ。写真からビデオにモードを変更すると画面が明るくなりフォーカスも綺麗に合う。そのまま、写真にモードを切り替えると問題なく動作する。
私以外でも、この問題で悩んでいる人が居るようで、Appleのフォーラムで同じ症状を見つけました。
交換しても治らないとか・・・
OSが悪いと言う意見もあり・・・ しかし、どう考えてもApple純正のアプリが悪いとしか思えない。
で、サポートセンターに電話してみた。結論は初期化して様子を見てほしいとの事。
これって素人でも答えられる対応策だよね。フォーラムで純正以外のカメラアプリを使っている人の意見を求めると純正以外だと症状が起きないとか・・・
だったら、アプリのバグじゃん。どうも充電終了後電圧が高い状態でカメラアプリを起動すると現象が出る様な感じがする。
さっき、充電完了(100%)の状態でカメラアプリを立ち上げると「真っ暗」再現。ビデオに切り替えると映像が映り、カメラモードでも正常に動作。 iPhoneは、価格の割には品質面ではもう一つって感じがする。

月別 アーカイブ