引っ越しとマイナンバーカードの電子証明失効

引っ越した場合、
マイナンバー通知カードを持っている人は、役所へ行って通知カード記載の住所を変更してもらわなければなりません。もう一つ、重要なのがマイナンバーカード(顔写真入りプラスチックカード)の交付を受けていない人は、マイナンバーカード申請IDの交付を受けなければなりません。マインバーカードを生涯申請しない人にはあまり関係ありませんが、スマホ等で簡単に申請できなくなります(マイナンバーはマイナンバーカードの申請にお使用できないのでややこしいのです)。
また、マイナンバーカードを交付してもらい、電子証明機能を付加した人は、電子証明書が失効します。
当然ですね、電子証明書は基本4情報に紐づいているので、住んでいない住所のあなたを国は証明してくれません。
この電子証明の部分って色々使えます。それが図書館で利用するカードであったりする訳で、基本4情報が紐づいているのでカードの持ち主に本を借りる権利を与えるのです。
普通だったら、基本4情報+電話番号まで書かされますよね。書いた紙はどこで、どう管理されているのか知りませんが・・・
良くネットで、マインバーカードが図書館利用カードに使えるって聞くと個人情報が云々や、セキュリティが云々と騒ぐ人が居る様ですが、紙だと第三者が簡単にCOPY出来てしまう事を考えると紙の方がセキュリティが甘いと言えるのですが・・・

最近のブログ記事

ぼろ屋購入時の登記住所変更
すっかり忘れていました。引っ越して丸1年…
引っ越しとマイナンバーカードの電子証明失効
引っ越した場合、マイナンバー通知カードを…
iPhone7のカメラ不調
XperiaZ3のAndroid端末から…