くるまの最近のブログ記事

イオンモール橿原アルル

イオンモール橿原アルルへ行って来ました。
家から片道56kmくらい。
まず、プリウスの燃費です。 これは到着時
20101011-01.JPG
家を出る時は、23km/Lくらいだったかな? 25km/Lで平均走行速度35km/h。 自転車並み?
結構人が多くて・・・ 昼食はどこも行列・・・ 穴場を発見!
お昼はこれにしました。
20101011-02.JPG
自宅に到着。
20101011-03.JPG
平均速度は1km/hアップしただけ。燃費は25.6km/L。 三連休と言う事もあって道が混んでいました。

最近本家ブログの更新が滞っています。
プリウス関連は、GAZOOを見てください。
今回で第5弾になります(笑)。

新型プリウスのフロントコンソールトレイって使いにくいですよね。私はここにアクリルをカットしてプラズマクラスターの底に両面テープを貼り付け固定していたのですが、カーメイトから便利なものが出たのでさっそく取り付けてみました。
20100515-01.jpg

残念ながら色はグレーのみでした。室内カラーがアクアの私の車に合うのか?

20100515-02.jpg

小物が片付くので色違いはそれほど気にはならないです。 逆に色違いの方が良いかも?

値段はスーパーオートバックスで1290円でした。

家族で移動中はどうしても同乗者は暇らしい。
初めは機嫌良く音楽を聴いているのだが、2~3時間も経過すると飽きてしまう。
後は寝るか、話しかけてくるか・・・
運転手は運転に集中しているので音楽が流れていればそれで良いのだが・・・
以前の車もMOPナビだったが、納車前にTVを観れる様に改造してから納車してもらった。
結局、TVって田舎じゃ綺麗に映らない。
TVやDVDとカーナビどっちが危ないか? いや、それよりもHSI(ハイブリッドシステムインジケーター)の方がかなり危ない(笑)。
さて、ネット情報をテストをしてみた所、

・パーキングブレーキを踏むと映像が出る

じゃ、ナビに入っているパーキング線をGNDに落とせば良いのね(笑)
シフト周辺のパネルを前部外してナビを引っぱり出してみると

prius-mop-navi-bpanel.jpg

赤い線がパーキングブレーキ線。これを途中で切断してナビ側のみGNDに落とせば。。。
(AUXコネクタの2pinと6pinにVIDEO信号を入力すればVIDEOやゲーム、チューナーを接続してTVも見ることが出来ます。)

パーキングを解除してもDVDが表示されています。
やった!? でも、車速を上げると画面が消える(涙)

どうも、パーキングブレーキのみをGNDに落としただけではNGって事。
パーキングブレーキが入っているコネクタの4pinに端子を圧着してGND
に落とします。

prius-add-wire.jpg

これでテスト走行してみると、スピードが上がっても映像は消えません!
結論として、1pinと4pinをGNDへ落とせば走行中もDVDやAUXからの映像が楽しめるみたいです。

prius-add-pwb.jpg

AUXコネクタに連動してパーキングブレーキ信号(1pin)と4pinをGNDに落とす回路を取り付けて作業終了(ナビ側回路保護の為、直接シャーシ側GNDにダイレクトに落とさない回路を付けています)。
※実施する方は自己責任で願いします。
※プリウススーパーライブサウンドシステムは該当コネクタ(Dコネクタ)が変わります。MOPスタンダードナビ情報(Fコネクタ)なので勘違いされないように!

これで「暇だぁ~」と言う言葉を聞く事はなくなるかな?(笑)

以下、毎日新聞より、

ABSの制御プログラムが不適切なため、ブレーキをかけている途中に凍結や凸凹路面等を通過して一瞬だけABSが動作すると、ABS作動直前よりもブレーキのかかり具合が低下することがあります。

「回生放棄」等専門用語を使わず現象をうまく説明しています。
症状をきちんと説明してくれないと何を修正したかさっぱりわかりません。
不安ですよね・・・。

0.06秒? ふざけるな!

プリウスのブレーキ抜けが0.06秒が原因と理解している馬鹿が居る。
トヨタもトヨタ。馬鹿な記者会見するから。理屈が全く理解できていないで何を説明しているのやら。
一番の問題は、従来車よりABS起動が0.06秒時間がかかるから問題なのでない。
ほんの僅かタイヤが滑っただけで、モーターによる発電制動(回生)が停止し、ノーブレーキ状態になる事が問題。通常ABSは4輪独立に制御するが、プリウスの場合はFF。回生制動(初期の浅いブレーキ)では、前輪の回転エネルギーで発電しバッテリーに充電している。しかし、ほんの僅かスリップしただけ(キュッと鳴る程度)でも、敏感に反応し回生動作を中止する。本来ならば油圧ブレーキが立ち上がる筈だが、ブレーキの踏み込み量が同じ位置であると回生ブレーキから油圧ブレーキに切り替わっても殆どノーブレーキの状態になる。この状態は0.06秒ではなく何秒も続く。ここでさらに踏み込むと踏み込んでから0.06秒で油圧ブレーキが立ち上がって来ると言うもの。凸凹や滑りやすいマンホールでは既に滑る状態が永遠と続く訳ではなく既に滑ったタイヤは回転しておりABSは起動されない。この制御を行っているユニットがABS制御ユニットであるだけ。では、何故驚くかと言うと、「徐行に近い自転車並みの速度で急にブレーキが効かなくなる」から。
渋滞等でトロトロと車が動いている最中に前車がブレーキを踏み減速。同じ様に自車も減速中に濡れたマンホール等が片輪乗り上げるとブレーキが抜けた感じになり前車に向かって加速している様に感じる。普通の人ならここで踏み増しを行うので速度も遅いので事故になりにくいとは言え、安全な車(ブレーキ)とは言えない。そもそも運転手は停止する意思はない状態での減速で加速感を感じるのだから運転が下手だのABSを理解していないだの関係の無い話。プリウスはFFで回生放棄されると後輪のブレーキは殆ど利いていない(回生を優先しているため)。通常のABSでは滑った車輪のみ開放するだけで他の車輪は制動(減速)を続ける。しかし、プリウスで回生放棄を行った後にタイヤがグリップするとABSは起動されず全輪がノーブレーキに近い状態になる。原理さえわかれば何て事はないが、雪道では運転が大変なのは間違いない。
さらに、この事は取扱説明書にも書いていなければ、ディラーからの説明もない。メーカーに問い合わせても回答がなかった。 きちんと理論的な説明を行っていれば回避策はあるのでリコールではなくサービスキャンペーンで済んだはず。
しかし、0.06秒の違いと平然と説明するとは、今回の本質を理解していない。
リコールでの対応は、低速時のスリップに対して油圧ポンプで加圧された油圧ラインで制動をかけ、回生放棄前の制動力と回生放棄後の油圧ブレーキの減速Gを同じにしている。つまり、スリップして回生放棄されても減速感は殆ど変わらずに車は減速してゆく。これって普通のブレーキと同じ。ABSが起動する場合も0.06秒より少なくなっているのかどうかは知らないが、こんな時間を問題にしているのではない。

昨日、ディラーから電話があり、リコール対応の準備が出来ましたとの事。
会社まで車を取りに来てもらい対策してもらいました。車がピカピカになってました(笑)
リコール対策済み車には、↓こんなシールが運転席ドアフレームに貼り付けられます。
20100210.jpg

プリウスリコール

リコールになりましたね・・・
きちんとユーザーの声に耳を傾けないから。
昨年の7月に納車されすぐにブレーキ抜け。
でも、ディラーもメーカーも認めず話を聞こうともしない。
きちんと、現象を確認し回避方法と安全性を説明すれば大きな問題にはならなかったのでは?

そう言えばディラーから電話があり、明日車を引き取りに来るとか・・・
6ヶ月中一ヶ月近くはディラー行きだった様な気がする。 今日も妙に後ろであおり立てる車がいた。リコールによりプリウスは欠陥車っていうレッテルが貼られたみたいなものだから嫌がらせ?。

ブレーキ抜けは一度体験すると対処方法がわかるし驚きもしないので原因され明確になって安全性であることだけ報告してもらえれば、任意のサービスキャンペーンで良かったのにね。

あれ? カーナビのソフト不具合も何の連絡もないし、やっぱり懲りてないのかな?

新型プリウスのブレーキ抜け。昨年の7月に体験してから半年・・・。
メーカーから何の連絡もなく、生産分は、1月出荷分から既に対応済みとか。順番逆じゃないの?
鶏冠に来て、昨日、国土交通省の不具合DBに登録しました。
今日ディラーから連絡がありました。早く対策部品を入手する様に最善を尽くします。って・・・

2種類のブレーキ抜け?

30型プリウスでのブレーキ抜けですが二種類あります。

① 停止前の低速時に前輪がスリップとセンサーからの信号で判断した場合、ブレーキが効かなくなる。
② 高速走行中の急減速して減速G等がかかっている状態で前輪がスリップとセンサーからの信号で判断した場合に回生放棄なんて甘いものではなく加速する。

一般的は①が多い様な気がします。でも①はびっくりするけど「HVはこんあ癖があるんだ」気をつけないと・・・ と安易に考えてしまう人も多いかも。雪道ではかなり危険を伴うでしょう。②の場合は癖では済まない恐怖を感じます。
つまり、同じ前輪スリップでもGセンサーからの情報で制御がかなり変わると言う事かな?
ブレーキ抜けに影響するパラメーターとして
・回生量(バッテリーの充電量でもブレーキ踏み込み量に対しての回生可能電力量が変化します)。
・前輪タイヤのスリップ検出
・ステアリングの切り角
・Gセンサー
これらの情報をもとに、車がどの様な状態にあるのか判断し、制御するのだけど「例外」があるんですよね。これらの例外処理に対してどれだけ対応しているかでシステムとしての完成度が上がります。特に、過去の技術を応用し進化する過程でエラー量を検出するセンサーの部分の感度を上げたりすると今まで見えにくかった予想外の挙動「乱れ」が発生する事があります。仕様だなんてふざけた事を言うことは、基の制御技術を過信しすぎて、その技術を理解し使いこなすのではなく、コピーして貼り付けると馬鹿でも出来る事が平然と平気で行われて来ていると言うことです。あっ、うちの会社だけじゃなかったんだ(笑) 若い世代の技術者の技術レベルが低すぎます。何でもマニュアル化、DB化や技術の共有で誰でも使えちゃうんですよね・・・ 自分で設計も出来ないのに。

通勤途中の踏み切りで、軽く減速していたら発生しました。
独特ですよね・・・ あの加速感。
踏み切り内が凸凹で線路が金属だから滑り易いと言えば滑り易いけどちょっと敏感に反応し過ぎです。

日本では出ないんですよね・・・
ディラーに確認したり、お客様サポートセンターに連絡しても他に報告が上がっていないと言われました。日本人って優し過ぎるの? 正しい情報を正確に早く伝えるのはメーカーに取っても有難い事だと思います。先送りすればするほど事態は悪くなります。死傷者なんか出てしまったら取り返しがつかないのにね。。。 でも、これってプリウスだけじゃ無いのですよ~ プリウスよりパワーアップされたSAIとかもヤバイ? 制限速度の半分以下で走行、常識車間距離の3倍ほど取って走っていれば問題はないかも(笑)

ちなみに私のプリウスは修理中(助手席側後部座席でのギシギシガタコトの異音対策と運転席前方スピーカー辺りからのビビリ音対策。ブレーキの件は何の連絡もありません)でistを代車で借りていますが、istってものすごくパワフルな車(笑)。プリウスの低燃費運転に慣らされてしまっている様です(爆)

AFP BBニュースから引用

【1月4日 AFP】米国で販売されたトヨタ自動車(Toyota Motor)の人気ハイブリッド車「プリウス(Prius)」にブレーキ異常が発生したとの苦情が、前月末までに少なくとも20件、米当局に寄せられていることが明らかになった。

 米道路交通安全局(National Highway Traffic Safety Administration、NHTSA)に報告された苦情によると、問題の車種は3代目プリウスに相当する「2010 Toyota Prius」で、減速のためブレーキペダルを踏んだ状態で道路のくぼみや凍結した路面にさしかかると、勝手にブレーキが外れてしまうという。

 ユーザーの1人は、「最初は自分がうっかり足を上げてしまったのだと思った。だが後日、違う路面で同じ現象が起きたので、ブレーキがおかしいと100%確信した」と話している。

 プリウスのブレーキトラブル問題は、米国の各種ウェブサイトで議論の的になっており、トヨタ広報は調査を開始したことを明らかにした。(c)AFP/Paul Eisenstein

30型プリウスのブレーキ

30型プリウスでブレーキを踏んだ際変な感覚になった事はありませんか?

・ブレーキが抜けた感じ
・車が加速した
・止まらない

等など・・・
私も納車されてすぐに車が止まらない現象に会い。今までの様なスポーティ?な運転が怖くて出来なくなりました。エコカーなんでそれも良いか・・・なんて思っていました。
ディラーやTOYOTAお客様相談室にも問い合わせしてみましたが「異常なし」なんですよね。
どうしてこんな現象が発生するのか?
プリウスは、制動時にそのエネルギーを発電機で電気に変えて減速します。これを「回生ブレーキ」と呼んでいます。普通のメカニカルなブレーキの様にエネルギーを無駄に熱に変えないでバッテリーに充電するので燃費が良いのです。このエネルギーを利用するためにわざわざバッテリーとモーター・発電機を搭載しています。
この回生ブレーキ、素晴らしいブレーキの様ですが回生ブレーキ動作中にタイヤ(4輪の中の駆動輪)が滑ると、回生ブレーキ動作を放棄し弱励磁します。
つまり、減速時の強い前向きのGが少なくなる訳です。これがブレーキを踏んでいるにもかかわらず加速する様に感じられます。また、制動が弱くなることより「車が止まらない」感じ(前車との車間距離が急に短くなる)これらを総して「ブレーキが抜けた感じ」と表現になるのでしょう。 HV特有との事もある様ですが、新型プリウスのスピードセンサーが従来のものと違い、低速でも性格にスリップを検出してしまいます。
従来のHVでは制御できなかった10km/h程度の低速でもこの現象が出ます。
凍結路面では決してタイヤをスリップさせるブレーキはいけません・・・ ブレーキを踏み増すと確実にタイヤがロックしABS動作となるし、凍結路面でタイヤがロックすると制動距離が伸びてしまいますね。凍結道路や雪道ではプリウスの運転にはABSを装備していない普通の車より注意が必要です。

プリウスの燃費

プリウスに乗り換えてから燃費が良いのであまり気にしていませんでしたが、満タン法で実際の燃費を計算してみました。
満タンと言っても給油口ギリギリまで給油して、走行後、再度給油口ギリギリまで自分で入れているので正確な値です。

プリウスのパネル上に表示されている燃費は 23.9km/L
走行距離 435.7km
給油量 19.51L
実質燃費 22.33km/L
パネル表示より実際は7%ほど低い様ですから10%(1割)程度低いと思っていれば間違い無いでしょう。

参考までに後続車に迷惑をかける様なマニアック?な運転は一切していません。 軽自動車より燃費が良いです。

プリウスの燃費

燃費を意識して走った時の燃費例
20090906-01.JPG
流れを乱さず、燃費走行すると30km/L近くの数値は出ます。平均は24km/Lですけど・・・


高速走行での燃費例
20090906-02.JPG
375.4km走行で22.4km/L 平均速度は91km 勿論高速です。巡航速度は91km以上なんでしょうね(笑)

プリウスライトチューン?

30型プリウスのヘッドライト写真です。変更内容は過去の記事を見てください。

↓LEDランプ(LOW) 標準のLEDランプは十分に明るいのでフォグランプは不要です。
20090725-01.jpg


↓ハイビーム+LEDランプ(LOW)+LEDポジションランプ+フォグランプ
20090725-02.jpg

おまけ ↓ 寒冷地仕様のバックフォグ。 左側のブレーキランプが切れている様にも見える。 バックフォグはフロントフォグがONでもOFFに出来る。
20090725-03.jpg

プリウス改造

1. ランプ系
 (1) CATZ アズリーホワイト(ハイビーム、フォグ)
 (2) CATZ スーパーホワイト1.4W T10
 運転席側は吸気ダクト固定ボルトを外さないと交換出来ません・・・

2.レーダー探知機
 ユピテル FM-414is
 4ピース構成の分離型。 操作性を良くすると手の届くところ。そうするとGPSや
 レーダー受信感度が犠牲になる。両方を追求するとやっぱり分離型。ミラータイプ
 は重すぎてダメ
200907018-00.JPG
配線図が手元に無いのでアクセサリーFUSEから電源を直接取る為の加工。

20090718-01.JPG
アンテナの取り付け。バックミラーに取り付けるか、フロントガラス中央前部に取り付けるのが普通みたいですけど、色々考えた末に助手席側にアクリルを加工した取り付け板で固定。

20090718-02.JPG
GPS衛星受信レベルチェック。 問題無い様です。

3.クルーズコントロール
 車と一緒に注文していた部品。私には無理っぽい(ハンドルを分解する手順がわからない)ので取り付けは専門の人にお願いしました。
200890718-03.JPG
このコントローラーはハンドルと一緒に回転します。

20090718-04.JPG
グリーンLEDがクルーズコントロールの表示灯。
※問題なくクルーズコントロールが機能しました。

レー探(レーダー探知機)

ユピテル製FM414siを購入しました。
20090715-01.jpg
このレー探は分離式なのですが、アンテナ設置と表示パネルの操作性を考えると一体型より優れていると思います。設置は大変ですけど・・・
さっそくアルファードで家周辺を回ってみましたがGPSの感度は良さそうです。

7月9日に工場出荷予定とディラーから連絡が入りました。
で、納車がその一週間後(DOP取り付け等)くらい。 予約注文してから、ちょうど3ヶ月くらいで納車となりました。
アルファードもあと3週間・・・

新型プリウスの納期

私がプリウスの購入契約をしたのは4月16日。
発表が5月18日ですから一ヶ月以上前。と言っても事前予約受付が始まってからは半月以上が過ぎています。いくら大衆車と言ってもどんな車かも知らずに購入契約するほどお金が余っているわけではないので、検討期間が約10日。
購入契約して一部のお金を払っているにもかかわらず未だに納期の連絡がない。
既に発売開始から一ヶ月で注文が18万台を越え、今購入しても納期が来年の2月。
八ヶ月待ち。
これってどう考えても異常です。で、予約販売で先行予約購入契約を行っている私にでさえ納期予定が知らされていない。 と、言う中でGWに契約した人が6月末に納入とか・・・
一体どうなっているかお客様相談センターに問い合わせた所、ご迷惑をおかけしています云々・・・ 販売会社を通じてご回答させて頂きます。 って、メーカーの生産体制。管理システム上の問題を販売会社の怠慢かの様な回答。
受注・生産システム上に問題があれば速やかに改善すべきでお客様に対して納得行く説明をする義務があると思います。
早速、販売会社から電話があって平謝り・・・
4月中頃~の受注に関しての7月生産分については今週中くらいには生産予定が報告できるそう。恐らく7月中には納車できるとの事。事前予約して納車が3ヶ月以上待ちとは売れすぎなのと、メーカーも読みが浅い。甘い、増産の判断とその増産計画は、生産能力過剰によるリスク回避ばかりを気にし過ぎた結果、納期8ヶ月待ち(物価の変動も馬鹿にならないのでは?)。買う気が失せてしまうような状況と言う事をメーカーは理解していないのかな?
高燃費のプリウスで夏の旅行の計画を立てたいのだけど、納車は8月かな?

新型プリウス試乗

色はアイスバーグシルバー、グレードST、カーナビはDOP。
試乗待ちに約1時間。
乗った感じは・・・
いきなりパワー入れっぱなしで放置されていました。
エンジン音がしないのでパワーON状態(キーをON状態と同じ)と言う認識が無いのでしょう・・・
それにバッテリーゼロだし・・・ EVだけで走っていたのか?
ドアの閉める音は重厚とはいかないけど安っぽくもない。普通。
充電を兼ねていきなりパワーモードで発進。
パワーモードでもアクセルを深く踏み込まないとかったるい感じ。
エンジン音はけっこう五月蝿い。アルファードハイブリッドも音が気になったがそれ以上。
しかし、パワーモードでエンジンとモーターのデュエットの時だけ。
パワーモードでアクセルを深く踏み込むと、ワンテンポ遅れて身体がシートに押し付けられるGがかかり、10秒弱で100km/hオーバー(一般公道ではありません)。
音は決して静かではありませんが、早く走りたい時にそれなりの能力を持っていることは大切な事です(乗車人数は大人3人)。
一般公道に出て信号待でエンジンSTOP。信号が青に変わった出だしは、やっぱりかったるい感じ。普通のガソリン車と違った運転が必要みたい。スピードが乗るまでのアクセルは深く、制動時は回生電力(バッテリー充電)が最大になる位まで深くブレーキ。定速度運転はモーターを上手に使って走行ロス分だけをモーターで補充。こんな感じで運転すれば自然と燃費は伸びそう。
結構無茶な運転をしたけれど、平均燃費は20km/L。モーターアシストだけの走行ではアルファード並に静か。
運転席から前方はかなり見にくい。車幅も前方が確認しずらい分、感覚がつかみにくい。
アルファードも前のボンネットは見えないけど、運転席が高い分前方の確認は容易であるが、車高が低いプリウスでは運転しづらい。
バックは、車体が短いので後ろの視界が悪くてもバックモニターとサイドミラーで運転しやすい。

ランニング

| コメント(2)

朝から30kmほど走りました。
途中にネッツTOYOTAを通りかかった時、店内を見ると新しいプリウス(グレード:ST、色:パール(シートはグレー)、オーディオレス)が展示されていました。
私が注文を入れているところですから、営業の方に声をかけると「見て行って下さい」と開店1時間前にもかかわらず店内に案内してくれました。
実車は、ジャズドリーム長島や浜名湖SAで既に見ているので、納期の話をしてみましたがやはり納期はまだ未定で発表の5月18日以降でないとわからないとの事です。
プロトタイプの展示ではクラクションを鳴らさないで下さいとの事だったので、試しに鳴らしてみましたが、少し寂しい音がしました。「ビッー」と言う表現が合っているかも・・・
セルシオのものに交換しないとダメですね(アルファードも交換しました)。
後、ヘッドライトはLEDですがポジショニングランプとフォグランプが電球色ではっきり言ってバランスがおかしい! フォグランプは許してもヘッドランプから離れたポジショニングランプが電球色と言うのは・・・ あっ、メインビーム(ハイビーム)も電球色です。
こだわると、余計な所でお金がかかりますね。

トヨタ自動車が18日に発売するハイブリッド車「プリウス」の新型車の受注台数が現時点で7万5000台に達し、17日までに8万台を突破する見通しとなりそうです。
発売前に8万台って・・・
発表当日(5月18日)の購入で納車まで半年待ちくらいになりそうですね。海外でもクルマ買い替えで10人に9人はハイブリッド車を検討するとか。
4月の中頃に注文したのですが納車はいつになるやら(笑)

白糸の滝

朝3時に起きて行ってきました。
東名かなり混んでました。
富士川辺りで渋滞になったのですが頭を雲の上に出した富士山が・・・
20090503-01.jpg

白糸の滝です。
20090503-02.jpg

帰りに浜名湖SAに寄り新型プリウスを見てきました。 黒はやっぱり傷が付き易く手入れが大変みたいです。展示車はガラスコートしていると思うのですが、細かな傷が目立ちました。
今日は14時間、約1000km 運転です。

4月25日~5月10日まで全国4ヵ所にて新型プリウス プロトタイプ 展示会が開催されます。
詳しくは、http://toyota.jp/sp/n-pr/
和歌山から近いと言えば、山陽自動車道 三木サービスエリアか三井アウトレットパーク ジャズドリーム長島。
GWは避けたいので、三井アウトレットパークへ朝から出かけました。
片道220km、所要時間2時間30分 往復 440km、5時間です。
おそらくこんな感じの車が納品されるはず・・・
20090435-01.jpg
パネル周辺は・・・
20090425-02.jpg
後ろから・・・
20090425-03.jpg
タイヤ・・・
20090425-04.jpg
荷台・・・
20090425-05.jpg
ETC他・・・
20090425-06.jpg
ルームランプ・・・
20090425-07.jpg
あれ? スピードメーターはどこ??
20090425-08.jpg

帰りの高速での出来事。
前を走っている、黒の新しそうなX-TRAIL。スピードの出しすぎでコーナーで横滑り。
そのままイン側のガードレールに激突し大破。部品が宙を舞い黄緑色っぽい煙が・・・
もうすぐGWです。運転に慣れていない人、ゲーム感覚で車の性能を信じきって無茶して走る若い子、無茶な運転はしないように! 事故は一瞬の間に起きます!!

アルファードとプリウス

アルファードを下取りして新プリウスを予約して来ました。
かなり長い交渉だったので、既に予約は20,000台に達しているとか・・・
私もその数の中の1人です。
納車の方ですが、年内と言う事は無いが7月以降になるのではないかと言う事。
プリウスの生産ラインも増やし増産体制で頑張っているらしいです。
値引きは殆ど無いとの事です。
私は店側がギブアップするまで頑張りましたけど(笑)
グレードは安価なSグレードツーリングセレクション
MOPは HDDナビ/6SP、ETC、寒冷地仕様、ホワイトパールクリスタルシャイン(有料色)
DOPは フロアマット、ネッツスーパーコート、皮ステアリング、メンテナンスパスポート36、他
トータル金額はアルファード購入時まで行きませんが、結構な金額になりました。
アルファードも来年3月車検。しかも、今年で6年ですから下取り金額は極端に落ちます。
プリウス納車までドライブ回数を増やしてアルファードを楽しまないと!

体重とプリウスと限界

昨日は20km走行後の体重がつるべの64.8kgより200g軽い64.6kgでした。
私の場合、100分ほど走っただけです。

先日より購入を迷っているプリウス。
アルファードの下取りが意外と安く・・・
今日はホンダのインサイトを見に行きました。 小さい・・・
それに後部座席には私は乗れません。いきなり頭をぶつけ星が一つ二つ見えて・・・
FREEDも見ましたがデザインは良いのだけど、エンジンをかけると安っぽくて(コストパーフォーマンスを求めている車に何を求めてるのやら)。

その後、現行のプリウスを見にトヨタ(トヨペット店)に行ったのですが展示車がなく・・・
新しいWishが出たそうなので、ちょっと見に行きNet's店でガラガラをしてマクド千円分を当て、検討中のプリウスの見積もり金額を5万程下げて(下取り金額が+5万円)もらいました。
そろそろ決めないとね・・・
色が決まらない(笑)

7kmを30分以内で走りたいのだけど、なかなか達成出来ない。
あと3分頑張れば達成出来るのだけど、その3分が無理。限界を感じる今日この頃。

新しいプリウスの情報

新プリウス(New Prius 1800cc)の予約受付が開始されている様です。
発売前だと言うのに、既に予約注文が入っている様でホンダのインサイトの様にブレークするかも?
新しいプリウスはトヨタ系列であれば何処でも購入出来る様です。
私は、VISTA系列でアルファードを購入しましたが、VISTAはネッツに統合されてしまいました。
本日、営業の方から、Staff Manualを今晩限りと言う事でお借りできたので、詳しい情報がわかりました。
全てpdfにすれば良いのですが面倒なので気になる所だけpdfにしました。
新プリウスを検討している方はこちらからダウンロードして下さい。

グレードと価格(あくまでも参考です)

L    2,050,000円
S    2,200,000円
S(TS) 2,450,000円
G    2,450,000円
G(TS) 2,700,000円
G(TSL)3,270,000円

TS:ツーリングセレクション
TSL:ツーリングセレクション・レザーパッケージ

安全装備

アルファードに乗っていて初めて峠で安全装置が働きました
急な下りのヘヤピンカーブ。
タイヤが悲鳴を上げた瞬間、安全装置動作のアラームが鳴りました。
私の車は4WD車ですが、付ける安全装置は全て装着しております。
VSCやTRC(4WD車なのにTRCがどう言う風に動作するかは不明)。
年末です。スピードの出し過ぎには注意しましょう

アルファードハイブリッド

DSC00102.JPG

アルファードハイブリッドのパネルです。
D以外にSと言うポジションがあります。Sではスポーティな走り?の様ですがスポーティとは程遠い走りです。
エンジンブレーキはすごくききます。

エアコン

| コメント(1)

買ったその翌年位からエンジンをかけるとエアコンがAUTOになっていると異音がしていました。
気にはなっていましたが、ずーと放置しておりました。
最近音が酷くなってきたので見てもらうと、エアコンベルト交換。工賃込みで10,000円
もっと早くにクレーム出しとけば良かった。初期のアルファードのエアコン用ベルトは良くないのかな?

免許更新

| コメント(2)

運転免許の更新へ行ってきました。
普通講習付きでとても長い一日。
知らなかったのは、免許更新時の評価期間が過去5年なんですね。
免許更新前年に違反をすると、1回目の免許更新は当然、普通講習120分が付いて来ます。
が、その次の免許更新(3年後)も、免許更新後3年間違反が無くても過去5年内の評価期間内前回の切替え前に違反があるので普通講習120分を受けなければなりません。そう、同じ違反で2回分普通講習を受けないと行けない・・・
これっておかしくない?免許更新でRESETすべきだと思うのだけど。。。

長い間ご苦労様でした!
アルとワークス RS-Z 4WD DOHCインタークーラーターボ

20061125-03.jpg

そして、これから宜しく! ワゴンR君

20061125-02.jpg

CVT車乗りました。
感じとしては、シフトアップショックが全くない(当たり前なんだけど・・・)
シフトレバーには、前進はDとLしかありません。 これも当たり前?
エンジンブレーキはアクセルを弱める? 全然ダメだよね・・・。
そうそう、Sモードボタンを押す。
軽くエンジンブレーキがかかるので良いかも。
スピードは出ません。馬力もありません。
でも、中は非常に広いです。勿論、助手席も後部座席も狭苦しい感じは全くありません。
スピードが乗ると音は静かです。

納車に来た営業マン。ワークスを恐々運転して帰りました。
どうも、ミッション車は苦手だそうです。楽しいのにね・・・
これで家からミッション車がなくなりました。

ワゴンR

| コメント(1)
WR.gif

車を買い換えました。
今まで乗っていたアルとワークス君 走行距離は108000km 車の調子は良いのですが、そろそろ買い換えないと!と思いつつ車検を受けました。
エンジン以外の部品はマフラーも含め全部新品に換えているので、これからも十分乗れると思います。ECOボタンを外せばアルファードにだって負けません(笑)
下取りは、トヨタで15万、スズキで25万。
と言う事で? ワゴンRに決めました。
今度は走りは期待できないです・・・ 燃費と空間の広さかな? CVT車なので納車が少し待ちどおしいです。

昨日、娘のバレーボールの練習試合を見に行きました。
へたっぴですからレギュラーではありません。けど...
帰りに、水換え用に塩を買いに寄り道の途中、信号で停止していると運転席後方のバックソナーが誤検知してピッピッと鳴る。
後ろに停車している車の車間距離は2m以上あり、勿論 人も猫も犬もいない・・・
まぁ、何処からか超音波が出てて誤動作かも? と自分なりに納得して走り出し、次の信号で停止。
やはり、ピッピッ鳴る。 気になると気になってしまうバックソナーセンサーの誤動作。
信号で停止していても鳴らない事もあるのだけど、我慢できずにTOYOTAへ
症状を説明して見てもらいましたが、「センサーは正常」との事。
この前、車検を受けた所なんだけど・・・
丁度、保障が切れたんですよね。おぉ~ TOYOTAタイマー??
こんな事があるかも知れないので、保障がつくし~に加入していたので無償で修理をしてくれるとか。

で、気になって、アルファードの「不具合掲示板」をのぞいていると3018さんが同じ症状で修理出していました。
私だけじゃないんですよね。 アルファードのバックソナーに何かあるのか???
単に接触不良の気がしますが、自分で修理しない怠け者です。
部品が今日入るのでそろそろ行かないと。

久しぶりに水洗い

| コメント(2)

忙しいなんて言って休みの日はゴロゴロ・・・


少し反省して洗車をしました。水洗いだけなので2時間程で終了。


アルファード

なんてこった!

| コメント(4)

昨夜帰り道でのこと


何かフロントガラスが汚れてる感じがする。


ウオッシャー液をかけてワイパーを動かしても綺麗にならない。


まさか!

アルファード

| コメント(3)

もう買って二年も経つんだ。


1年点検の案内が来ました。 今週の土曜日に点検予約。


でも、まだ20000km「しか」走ってません。


大阪に通勤していたら60000kmは走っていたと思う。


2年で2万だから、10年乗れそう・・・

マフラー

| コメント(2)

マフラーが・・・


え!?


そのマフラーじゃ無くて、あのマフラー!


そう、下の方に付いてるやつ。

月別 アーカイブ