Windows7の最近のブログ記事

Windows Live Writerを試す

Windows7でLive Writerを試しています。

20100920-04

写真や画像の挿入テスト(北海道 真駒内公園にて)

書体も変えれる? かな? なるほど・・・

久しぶりのまともなネタ
DiXiM Digital TVと言うソフトを使うと地デジ放送を録画した番組をPCでLAN回線を使って見る事ができます。
ソフトはアイオープラザからダウンロード版で2,980円で購入。
ちょっとしたケーブルでも1,000円程するのでお手軽かも?
LAN回線が利用できるところであれば、無線でも有線でも何でもOKです。
設定は、お手持ちのHDDレコーダーが対応していれば取扱説明書通りにLANの設定を行うだけ。後は、DiXiM Digital TVが勝手にHDDレコーダーを見つけてくれます。

確認済みHDDレコーダーは、
20100320-00.JPG

ソフトをインストールして起動すると、勝手にサーチし表示してくれます。

20100320-02.jpg

このような表示も可能です。


20100320-04.jpg

勿論全画面表示も可能です。

20100320-03.jpg

マウス静止しておくと邪魔な上下の表示はしません。但し、早送りや停止操作をするとマウス操作に関係なく表示されます。

Express5800/110Gdは非常に安いサーバー。
サーバーなので表示機能についてはどのパソコンよりひ弱です。
これにWindows7をインストールするだけ時間の無駄との意見もありますが、余っているものを有効利用すると言うことで、Windows7のインストールにチャレンジ。
まず、メモリーは512MBしかありませんから、最低限2GBの実装が必要。
と言っても、2000円以下で1G×2を購入しました。
続いて、ビデオカード。PCIeはあるものの×16ではないので使い物になりません。
市販の×16タイプを実装するには、物理的な改造が必要になります。
邪魔になる電池を外して、ケーブルを半田付けして別位置に移動させPCIeのコネクタを削って強引に×16の実装をしました。
20091030-01.JPG

無事動作し、インストール開始!

20091030-02.JPG

Windows7のアップグレードパッケージで新規インストールの注意点を紹介。
まず、アップグレードなので、使っている環境そのままOSだけ入れ替えたいのが本音。
でも、Vistaの同じグレードからは問題ないのだけどXPからのUpgradeとなると、クリーンインストール(新規にインストール)する必要があります。
ここで勘違いしてはいけないのが、新規インストールの考え方。Windows7を新しくインストールするのでHDDを新しくしてインストール出来ると勘違いしやすい。
ダメです。アップグレードパッケージでは新規インストールを選択するをインストールは進むもののキー入力のキーがアップグレード用キーとなっているのでパソコンにXPのOSが存在しないと通常版インストール扱いとなりそこで終了。
つまり、XPがインストールされている状態で新規インストールしないとアップグレードと見なされません。

Windows Vista UltimateからWindows7 Ultimateにアップグレード。
1回目は、勝手に再起動がかかりWindowsが正常にスタート出来ない状態に・・・
2回目、ファイルの展開中21%で「コンピューターを再起動する必要があります」と表示され処理が進まない状態に・・・
何度やっても2回目の状態で停止。
仕方が無いのでHWの構成を変更しました。DVDドライブより後ろにカレントドライブCを置いていたのですが、DVDドライブより前にカレントドライブをCを割り振り。
5度目くらいのチャレンジ。
Image053.jpg
何とか最後のフェーズまで進みました。

Image055.jpg
で、Windows7メーラーが入っていません。 マイクロソフトのサイトからWindowsLiveをインストールしなければなりません。メールやアカウント情報は自動で引き継がれます。

Windows7

Windows7 一般販売開始。
WindowsVistaが不安定なのでアップグレード版を購入しました。
Vistaはこれ以上良くならないだろうから・・・

20091022-01.jpg

Windows7 β

Windows7のβ評価が開始されました。
Microsoftからお知らせが来たので早速インストールしました。
一見、VISTA。 起動が早いとの事ですが、最近のVISTAの起動が妙に遅い感じがしている今日この頃でWindows7がスッゲェ早いという感じはしません。Vistaリリース後のアップデートが多くてパッチだらけ?

マルチブート画面から起動をかけてデスクトップの砂時計が消えるまで28秒25(32bit版)。
Vista Sp1でOS起動からディスクトップの砂時計が消えるまで31秒00(32bit版)
この約3秒の時間差が早いと言うのかな?

評価に使用しているハードは最新のものでは無いけど遅くて使えないものではありません。
一応サクサク動くと言う感じです。

【ハードウェア環境】
メモリ 4GB 800MHz
CPU Intel Core2 Quad Q6600 2.4GHz
MB Gigabyte X38-DQ6 BIOS Version F8
VGA nvidia GeForce8800GT Resolition 1920×1200 32bit 59Hz

【OS】
Vista Ultimate SP1 32bit
Windows7 32bit β7000
Windows7 64bit β7000


Windows7で、私のPCの性能を評価してみました。

windows7-32.png
これは32bit版 Windows7

windows7-64.png
こちらは64bit版 Windows7
評価が2って・・・・

ドライバーのアップデート情報があったので更新しました↓
windows7-64-1.png

20090116-01volume.jpg
Volumeの表示がおかしかったり・・・

Windows7期待していたんだけど、どうなんだろう? 大金払って買う気にならないなぁ(笑)

月別 アーカイブ